デュポンとダウの合弁会社:和解金39億円支払いへ-価格操作訴訟

米化学大手のデュポンとダウ・ケミカルの 折半出資会社デュポン・ダウ・エラストマーズ(DDE)は22日、合成ゴム (ネオプレン)の価格操作をめぐる顧客からの訴訟で、3600万ドル(約39億 円)を支払う和解案で合意したことを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。