米RJレイノルズ株が急伸、FTCが買収認可に傾くとの報道で

米たばこメーカー2位のRJレイノル ズ・タバコ・ホールディングスが同3位のブラウン・アンド・ウィリアムソ ン・タバコ(B&W)を30億ドル(約3300億円)で買収する計画について、 米連邦取引委員会(FTC)の承認を獲得するとの期待が高まり、株価は最大

6.1%の大幅高となっている。

ダウ・ジョーンズは、関係者による情報として、FTCのティモシー・ミ ュリス委員長が買収反対を唱える担当者の主張に「懐疑的な見方を示した」と 報じた。

ブラウン・アンド・ウィリアムソン・タバコ(B&W)は、英ブリティッ シュ・アメリカン・タバコの米国部門。合併後はレイノルズ・アメリカンの名 称を予定している。実現すれば、アルトリア・グループ傘下のフィリップ・モ リスUSAとの2社で、米たばこ市場の80%を掌握することになる。

22日のニューヨーク市場で、RJRレイノルズの株価は上昇。現地時間 午後1時41分現在、前日比1ドル71セント高の66ドル4セントで推移して いる。一時は68ドル25セントまで上昇した。年初来では11%の値上がり。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE