米ケーブルビジョン、月90ドルでTV・電話・ネットの3サービス提供

ニューヨーク市周辺で最大のケーブルテ レビ(CATV)会社、ケーブルビジョン・システムズは21日、テレビ、電 話、インターネット接続の3サービスをセットにし、月額90ドル(約9800 円)での提供を開始した。競合する衛星テレビや通信会社から顧客奪取を目指 す。

この料金は初年度有効で、通常の価格で個別に3サービスの提供を受けた 場合と比べ月額50ドル割安となる。同社発表によると、CBSやCNNを含 むテレビ140チャンネル余、IP電話、高速ネット接続の3サービスが基本パ ッケージ。

ケーブルテレビ(CATV)各社は電話サービスをセットにして売り込み、 販売促進を図るとともに、加入者離れに歯止めをかけようとしている。ケーブ ルビジョンの競合会社、米衛星放送大手のディレクTVグループや米地域電話 最大手のベライゾン・コミュニケーションズなどの電話会社は提携して、顧客 にテレビと電話・ネット接続をセット販売している。

フリードマン・ビリングス・ラムジー(ニューヨーク)のアナリスト、ア ラン・ベゾラ氏は「ケーブルビジョンや競合企業が、映像、音声、データ通信 サービスのすべてを提供することによって、競争はさらにし烈になっていく」 と予想している。

ケーブルビジョンの最大のライバル企業、ベライゾンは、通話無制限、ネ ット接続、ディレクTVの衛星放送サービスをパックにして、月額約128ドル で販売している。ベライゾンの報道担当者、ジム・スミス氏はこの日インタビ ューに答え、今回のケーブルビジョンの発表を受けて直ちに対抗策を講じる予 定はないことを明らかにした。同氏は「これは販売促進価格に過ぎず、現実的 な価格ではない。競争相手の販促価格にいちいち対応するのはナンセンスだ」 と語った。

この日のニューヨーク株式市場でケーブルビジョン株は78セント安の

21.22ドルで終了。ことしに入り9.3%下落している。

--共同取材 J. Kyle Foster. Editors: West, Siler Mirabella, Antonelli

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE