米プライスライン、業績見通しを上方修正-転換社債7500万ドル発行へ

オンライン格安旅行サービス会社の米プラ イスライン・ドット・コムは21日、第2四半期(4-6月)の利益の見通しを 上方修正した。売り上げが予想を上回ったのが背景。同社はまた、転換社債 (総額7500万ドル=約81億6000万円)の発行計画も明らかにした。

同社によると、4-6月の一部費用を除く1株利益は最大32セントになる 見込み。先月時点の予想は最大30セントだった。売上高は前年同期比6-9% の増加を見込んでいる。従来予想は同5%。

プライスラインは、旅客機、ホテル、レンタカーの予約が当初予想を上回 るペースで伸びたと説明。粗利益率の上昇も最大34%と、当初予想の25%より 大幅になる見込みだ。今期の広告予算を100万ドル上乗せし、1600万ドルとし た。

同社はまた、私募形式で転換社債(償還2025年1月15日)を発行する計画 を発表。1000万ドルの追加購入オプション(選択権)付き。

同社の22日株価終値は0.65ドル(2.3%)安の28.00ドル。発表後の時間外 取引では一時28.90ドルに上昇した。年初からの上昇率は56%。

To contact the reporter on this story: Greg Wiles in San Francisco grwiles@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

To contact the editor for this story: Vince Bielski in New York

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE