CSFB:ことしのジャンク債発行手数料は前年比減少も-競争激化で

投資不適格級(ジャンク)債の発行引き 受けで世界トップのクレディ・スイス・ファースト・ボストン(CSFB)の ことしのジャンク債発行手数料は、前年を下回る可能性がある。同事業の競争 激化を受け、手数料が少なくとも6年ぶりの水準に落ち込んでいるためだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。