コンテンツにスキップする

カーライル・京セラ連合:DDIポケット2200億円で買収へ-正式発表

米投資会社カーライル・グループと京セラ 連合は21日、KDDI子会社でPHS(簡易型携帯電話)最大手のDDIポケ ットを買収すると正式発表した。買収額は負債の引き受け分も含めると2200億 円。PHS事業に成長余地があるとみたカーライル、京セラ連合と、携帯電話 の主力ブランド「au」に経営資源を集中したいKDDIの思惑が一致した。

この買収により、カーライルはDDIポケットの発行済み株式の60%をK DDIから取得するほか、京セラはDDIポケットの持ち株比率(現在第2位 の大株主で13%保有)を30%まで引き上げる。一方、KDDIの持ち株比率は 10%に低下する。

カーライルは日本での投資活動を強化するため、2000年に東京オフィスを 開設。今年1月までに内外の投資家から総額500億円を調達し、ファンドを設 定した。今回の買収は、このファンドの初案件となる。京セラはPHSの無線 基地局や端末の供給メーカーとして協力する形となる。

一方、KDDIは好調な携帯電話au事業に人員や資金を集中的に投下す る方針で、傘下のDDIポケット売却に踏み切る。連結ベースの有利子負債を 好調な期間利益で返済し、2004年3月期末の1兆1798億円を2005年3月期末 には9020億円に削減する計画。

KDDIでは、もう1つの携帯電話ブランド「ツーカー」についても、売 却の選択肢を持ち続けている。一方で、ツーカーでは収益回復で営業利益が黒 字化、増益になっており、KDDIは顧客基盤の拡大を狙い、ツーカーを保持 する可能性もある。

21日の株価終値は、京セラが前週末比180円(2.1%)高の8690円、KD DIは同2万円(3.3%)高の62万5000円。

--共同取材:JAGJEET S DHALIWALL Editor :Asai

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE