昭和シェル株が7年ぶりに1000円台を回復-円高と製品価格の転嫁好感

昭和シェル石油の株価が前営業日比36円 (3.7%)高の1014円まで上昇し、1997年7月以来の1000円の大台を回復した。特 別な買い材料は出ていないようだが、円高・ドル安による原油調達コストの低下期待や 足元の石油製品価格への転嫁が順調に進んでいるとの見方が支援材料になっているよう だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。