ソニー率いる買収団:米MGM買収交渉は最終段階、5500億円-米紙

18日付の米紙USAトゥデーの報道によ ると、ソニーが率いる買収団は、米映画スタジオ大手MGMの買収交渉で最終 段階に入っている。買収規模は50億ドル(約5500億円)。同紙は同交渉に詳 しい関係者の話を基に報じた。

同紙によると、ソニー率いる買収団は、MGM1株当たり13ドルを支払 うとともに、同社の債務を引き受ける見込み。USAトゥデーは、この合意が 6月29日に開かれるMGMの年次会合前に発表される可能性があると報じた。

同報道によると、ソニーと米投資会社のテキサス・パシフィック・グルー プ、プロビデンス・エクイティ・パートナーズの3社は、株式発行による資金 調達で15億ドルを調達する可能性がある。同紙は、ソニーの取引銀行クレデ ィ・スイス・ファースト・ボストン(CSFB)が、35億ドルを融資する見込 みだと報じた。

ソニー広報センターの實方恵太氏は、この報道について「MGMと交渉し ていることは事実だが、現段階で確定的なことは申し上げられない」と述べた。

--共同取材:東京 室谷 哲毅 Tetsuki Murotani

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE