ソフバンク株6日ぶり下落:IP電話情報流出の報道-利益確保優勢に

ソフトバンクの株価が下落に転じ、一時前日 比で3%強低下した。顧客情報漏洩事件で、ADSL(非対称デジタル加入者線) 通信サービスに加えてIP電話の顧客分も漏洩していたと報じられて、利益確保 の売り注文が優勢になっているもよう。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。