ドルは対円で一段安も、支持線割り込む-CSFBのチャート分析

米証券大手クレディ・スイス・ファースト・ ボストン(CSFB)のテクニカル・ストラテジスト、ジョン・タイロン氏は 16日、顧客向けリポートで、ドルが対円で110円60銭と110円50銭、110円 10銭の支持線を割り込んで下落したと指摘し、これは一段のドル安の可能性を 示唆していると分析した。支持線は買い需要が多く、下げ止まる傾向のある水 準を指す。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。