コンテンツにスキップする

KDDI:データ通信で低料金の新メニュー-使用頻度低い利用者向け

携帯電話国内2位KDDIの小野寺正社長 は16日の定例記者会見で、データ通信の定額制で使用頻度の低い利用者向けに 料金が安くなる新メニューを発表した。

現行は一律月額が4200円となっているが、同社は8月1日から月間40000 パケットまでの利用者に対しては月額2000円とする。また、40000から84000 パケットまでの場合は使用量に従って料金を加算。84000パケット以上はこれま で通り4200円とする。

小野寺社長はまた、米投資会社カーライル・グループと京セラとの間で売却 交渉を進めている子会社でPHS(簡易型携帯電話)最大手のDDIポケットに ついては、「交渉しているが発表できる段階でない」と述べるにとどまった。

KDDIの株価終値は、前日比19000円(3.1%)高の62万4000円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE