【注目株】SUNX(6860)レーザーマーカの将来性期待-高値圏

松下電工系のセンサー大手、SUNX(サ ンクス)の株価が高値圏で堅調に推移している。デジタル家電消費の拡大を背景 に、電機メーカーや半導体関連メーカーからセンサーの受注が増えているほか、 製品の生産・流通履歴を捕捉する「トレーサビリティ」需要の高まりを受けて、 レーザーマーカの販売も好調なことが評価を集めているもようだ。

新光証券では6月14日発行の「新光エクイティレポート」(2160号)でS UNX株を紹介。「設備投資の回復を追い風に2ケタ増収増益が続く見通し」と した。

レーザーマーカとは、電子部品にレーザーで製造番号などを書き込む装置で、 同社のセグメント情報では「LMP事業」に区別されている。2004年3月期の 売上高実績は前期比3割増の38億円。「05年3月期には、新用途の開発や海外 事業の拡大などで、44億円(前期比16%増)の売り上げを見込んでいる」(株 式課の柳沢有樹氏)という。

新光証券では、05年3月期の連結経常利益予想を前期比57%増の22億 2000万円、06年3月期の経常利益を同17%増の26億円と設定。06年3月期の 連結1株利益(EPS)を87円60銭と試算している。

東証2部市場に上場するSUNX株の15日終値は、前日比86円(5.4%) 高の1689円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE