台湾当局:半導体後工程企業の対中投資容認を検討-需要掘り起こしで

台湾当局は14日、アドバンスト・セミ コンダクター・エンジニアリング(日月光)などの半導体製造後工程に携わ る台湾企業に対し、中国投資の容認を検討していることを明らかにした。中 国での需要掘り起こしが狙い。

こうした企業が中国大陸に投資するには、台湾の行政院大陸委員会や経 済省、科学委員会の承認が必要となっている。大陸委の邱太三副主任は台北 の外国人記者向けの説明会で、認可までの日程についてはコメントしなかっ た。大陸委は台湾の対中政策を立案する最高機関。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE