原油先物市場:ひっ迫感薄れるの見方-ガソリン急落で高騰要因が後退

原油市場関係者の間では、一時の需給ひ っ迫感や相場の上昇圧力は後退しているとの声が出ている。9日のニューヨー ク原油相場は、原油在庫が事前予想ほど増えなかったことから小幅反発したが、 石油相場全体を引っ張ってきたガソリン相場が大幅反落していることなどがこ うした見方の背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。