【米個別株】:インテル、アメリトレード、ジャナス、アクセンチュア

9日の主な銘柄は以下の通り。

長距離電話株:米司法省は長距離電話会社が地域電話会社の通信網を利用する 際の料金値引きを中止させる下級裁判所の判断について、最高裁に反論しないこと を決めた。AT&T(T US)は39セント(2.3%)安の16.56ドル。MCI(MCIA US)は30セント(2%)安の14.68ドル。一方、地域電話株は高く、SBCコミ ュニケーションズ(SBC US)は28セント(1.2%)高の24.62ドル。ベルサウス(BLS US)やベライゾン・コミュニケーションズ(VZ US)も堅調。

アクセンチュア(ACN US):65セント(2.6%)安の24.83ドル。バミューダ と本拠とするコンサルティング会社、アクセンチュアは、米下院委員会で承認され た法案が成立すれば、国土安全保障省から受注した外国人入国者データに関する 100億ドル規模の受注を失う可能性がある。

アメリトレード(AMTD US):84セント(6.7%)安の11.71ドル。オンライン証 券最大手、米アメリトレード・ホールディングが下落。ダウ・ジョーンズ通信に よると、ジョー・モグリア最高経営責任者(CEO)は、2004年の会社予想レン ジの上限を79セントとしたのは「やや楽観し過ぎた」と述べた。モグリア氏は、 ニューヨーク市で開催された金融関係者会議で話したという。

ジェネンテック(DNA US):4.24ドル(7.5%)安の52.30ドル。サンフォー ド・バーンスタインのアナリスト、ジェフリー・ポージス氏は、バイオテクノロジ ーのジェネンテックは主力2製品の売上高が投資家の予想より鈍化しているうえ、 大腸がん治療薬「Avastin」の採用が予想より緩やかだと指摘し、投資判断を「ア ウトパフォーム」から「マーケット・パフォーム」に引き下げた。

インテル(INTC US):59セント(2%)安の28.40ドル。台湾の電子半導体 取引サイト、DRAMエクスチェンジ・ドット・コムによると、主力半導体メモリ ーのスポット価格は、需要低迷で3カ月ぶりの安値をつける可能性がある。ナショ ナル・セミコンダクター(NSM US)は1.20ドル(5.4%)安の21.15ドル。アプラ イド・マイクロ・サーキッツ(AMCC US)は26セント(4.7%)安の5.26ドル。

ジャナス(JNS US):81セント(4.8%)安の15.92ドル。米投資信託大手のジ ャナス・キャピタル・グループが下落。同社の発表文によると、5月の投信向け 資金動向は59億ドルの純流出だった。解約額は4月の8倍、3月の2倍以上にな った。キーフ・ブルエット・アンド・ウッズのアナリスト、ロバート・リー氏は、 同社の投資判断を「アウトパフォーム」から「市場並み」に引き下げた。

モンスター・ワールドワイド(MNST US):2.21ドル(7.8%)安の25.97ドル。 UBS証券のアナリスト、ケリー・フリン氏はリポートで、求人サイト運営のモン スター・ワールドワイドの営業利益率は、増員の影響で悪化する可能性があると指 摘した。

オムニビジョン(OVTI US):7.84ドル(31%)安の17.63ドル。カメラ用画像 装置メーカーのオムニビジョン・テクノロジーズは下落。2003、2004年の両会計 年度の一部業績を修正し、さらに第4四半期(2-4月)の決算報告を延期する 可能性があるとしたことで、売りを浴びた。

トミー・ヒルフィガー(TOM US): 1.51ドル(9.7%)安の13.99ドル。衣料品 メーカーの米トミー・ヒルフィガーが安い。2005年の業績予想を下方修正したこ とで売りが出た。売上高は予想以上に減少し、1株当たり利益は予想レンジの下 限近くになるという。

--共同取材 ニューヨークDanielle Sessa 、  Editor: Pensiero.

kshugo@bloomberg.net      Editor:Kobari ニューヨーク 高井夕起子 Yukiko Takai (1)(212) 893-3007 ytakai@bloomberg.net Editor: Yamahiro 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨークEdgar Ortega (1 (212) 318-2592 ebarrales@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: ニューヨーク Phil Serafino (1) (212) 318-2358

pserafino@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE