米モルガン・Sなど、11日はレーガン元大統領葬儀のため米国で休業

証券2位の米モルガン・スタンレーは8日、 ロナルド・レーガン元大統領の葬儀が行われる11日は、哀悼の意を表して米国 での営業を休止すると発表した。

広報担当のマーク・レイク氏は「服喪の日に合わせ米国では休業とする」 と述べた。ただ「顧客からの求めに対応するため、一部の人員は出社する」と いう。11日は、ニューヨーク証券取引所(NYSE)とナスダック(店頭登録) 株式市場、アメリカン証券取引所(AMEX)を含め、米国の金融市場は休場 となる。

米銀ワコビアの証券部門も11日は休業とすることを明らかにしている。他 の金融機関はまだ、11日の営業について発表していない。クレディ・スイス・ ファースト・ボストンは9日に方針を発表するとしている。シティグループや ドイツ銀行、ゴールドマン・サックス・グループ、リーマン・ブラザーズ・ホ ールディングス、メリルリンチ、UBSはコメントを控えた。

ナスダック銘柄の電子取引で最大手の米インスティネット・グループも、 米国株の取引を休止とする。シカゴ商業取引所(CME)やインターナショナ ル・セキュリティーズ取引所(ISE)、シカゴ商品取引所(CBOT)、ニュ ーヨーク商業取引所(NYMEX)などの先物・オプション取引所も休場とな る。

--共同取材: Eric Moskowitz 、 David Plumb Editor: McCabe.

akinoshita2@bloomberg.net Editor: Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク Adrian Cox (1) (212) 893-3377 acox2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

James Greiff (1) (212) 318-5801 jgreiff@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE