米ヘルスサウス:条件変更で社債保有者と合意-8000万ドル支払いへ

不正会計で提訴されている米病院運営大手 ヘルスサウス(アラバマ州バーミンガム)は8日、同社を経営破たんに追い込 みかねない債務条件の撤回に向け、社債保有者に最大8000万ドル(約88億 円)を支払うことで合意に達した。

支払い対象となる投資家が保有する社債総額は26億ドルで、なかには監 査済みの決算報告が遅れていることを理由に、同社は事実上のデフォルト(債 務不履行)状態だと主張する投資家もあった。

ヘルスサウスの発表によると、社債保有者は額面1000ドルに対し、一部 債務条件の放棄と引き換えに、保有する社債によって30、32.5、45ドルのい ずれかを受け取る。同社は当初、13.75ドルの支払いを提示し、一部の投資家 はこれを受け入れたものの、19億ドル相当の社債を保有する投資家たちからの 反対により、倍以上の支払いを求められることになった。

8日の米株式市場で同社株は6セント(1.1%)高の5.34ドルで終了。こ としに入り16%上昇している。市場関係者によると、2012年償還、表面利率

7.625%の同社社債は、前日とほぼ変わらずで、額面1ドルに対し97セントの 買い注文、99セントの売り注文がみられていた。

--共同取材 ニューヨーク Terry Flanagan 、Harris Rubinroit、ボストン John Lauerman . Editors: Schauder.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE