官房長官:日本側の資源とりかねず配慮必要-中国ガス採掘施設建設で

細田博之官房長官は8日午後の定例記者会 見で、中国の企業連合が東シナ海の日中中間線付近の中国側海域で天然ガス採 掘施設の建設を開始したことについて、「資源問題として(日中)それぞれで 関心があるのも事実だ。海底油田、ガス田というのは、ぎりぎりの国境線間近 で掘ると事実上、相手国側の資源もとってしまうということにもなりかねない わけだから、その点の配慮が必要だ」と中国側に配慮を促した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。