インドネシアのアストラ:ことしの販売台数は過去最高の見通し-社長

インドネシアの自動車製造・販売アスト ラ・インターナショナルは8日までに、同社のことしの自動車販売台数が、 1997年に記録した過去最高を上回る見通しであることを明らかにした。イ ンドネシア国内の自動車販売のほぼ半分は同社によるもの。

ブディ・セディアダルマ社長はインタビューに応じ、販売台数が過去最 高となることで、一時利益を除いた税引き前利益は、昨年の3兆4000億イ ンドネシア・ルピア(約400億円)から15-20%増となる可能性があると 述べた。同社長は売上高の具体的な数字については明らかにしなかった。

同社長は、インドネシア市場全体の販売台数が1-5月期は前年同期比 30%以上伸びていることから、年間では41万台以上となり、1997年に記録 した過去最高の38万6700台を上回るはずだと語った。

同社長はまた、アストラのインドネシア市場でのシェアは最大48%と、 2000年以来の最高となる見通しだと述べた。アストラが昨年12月に小型車 需要を満たすため投入したダイハツ工業の「セニア」やトヨタ自動車の「アバ ンザ」に対する需要が力強いとしている。アストラには、シンガポールの自 動車販売会社ジャーディン・サイクル・アンド・キャリッジが5分の2以上 出資している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE