シーシーエス:初値は130万円と公募4倍超―ジャスダック上場

発光ダイオード(LED)を利用した工業用照明装 置開発・製造のシーシーエスがジャスダック市場に新規上場した。初値は130万円と公 募価格の4.1倍超となった。公募株価は32万円、公募株式数は2000株、売り出し株数 は1350株。幹事証券は大和証券SMBC。昨年9月19日以来、初値が公募価格を上回 ったのは、102銘柄連続となった。

ワールド日栄フロンティア証券投資調査室の藤井知明課長は8日「LDEを扱うこ と市場関係者や投資家の注目を集めていた」と述べた上で「同社がより一層の投資家の 関心を集めるには、さらなる売上高規模の拡大が急務」と述べた。またIPOが「相場 の地合いも良く今の環境では当面、IPOの公募割れが発生することはないだろう」と の見通しを示した。

また、エイチ・エス証券の市場調査室長、落合冨太郎氏は「IPOに対する投資家 の関心が高まるなかで、シーシーエスは将来一段の業績成長が期待できるLDE関連分 野の銘柄として注目していた。今後の株価も基本的には期待できる」との見方を示した。

シーシーエスは、1993年10月、京都市内に資本金1000万円で設立され、現在も本 社を同市に置いている。製品外観検査に用いられる画像処理用のLED照明のトップメ ーカー。売上高は順調に拡大し、1999年9月にはCCS AMERICAを米国マサチ ューセッツ州に設立。2003年9月には中国上海市にも駐在員事務所を置き、海外での事 業展開も行っている。大手取引先はソニー、松下電産、オムロンなど。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE