【個別銘柄】住信、富士通、新日石、ガイシ、JT、ミレア、菱洋エレ

株式市場の主な銘柄の動向は以下の通り。

住友信託銀行(8403):終値は3.9%高の718円で続伸。前週末開催のアナ リスト説明会を受けて、UFJ信託銀行の買収を評価する向きが増えた。管理業 務部門を中心にスケールメリットの追及を行う方針が示されたほか、安定的な収 益構造を構築する計画が披露されたことで、投資家の間で安心感が広がった。出 来高は3701万株で東証1部2位。

富士通(6702):1.2%高の781円で3営業日続伸。一時は788円まで上昇 し、約1カ月ぶりに年初来高値を更新した。米国株式相場が大幅高した流れを受 け継いだほか、好業績で割安感がある銘柄として物色された。また韓国サムスン グループとの間で争っていたプラズマディスプレーの特許をめぐり、7日に和解 が成立したことも上げの支援材料となった。

新日本石油(5001):4.6%高の664円と続伸。中国最大の石油会社、中国 石油(ペトロチャイナ)と石油精製で提携することが明らかになり、事業の効率 化期待が高まった。足元の原油高のなかでも、一定のマージンを確保できるなど として、株価は予想PER(株価収益率)16-17倍の850円程度までの上昇が 見込めるとの指摘があった。

日本ガイシ(5333):6.8%高の854円で3営業日続伸。欧州でのディーゼ ルガス規制に対する需要増など、景気動向とあまり関わりがない事業での増益を 見込めることが強みなどとして、ドイツ証券が投資判断を引き上げたことをきっ かけに、収益拡大期待が高まった。

日本たばこ産業(JT)(2914):終値は1.3%安の85万円と続落。政府 保有株の28万9334株放出にあたり、財務省が7日終値を基準に、売出価格が 84万3000円と発表したのを受けて、85万円前後でもみあった。売買代金は、取 引終了時で東証1部上位ランキング5位だった。

ミレアホールディングス(8766):2.6%高の156万円と続伸し、5月7日 の直近高値160万円に迫った。ゴールドマン・サックス証券が今期中の実施が見 込まれている自社株買いで資本効率が改善するとの判断から、「長期的にみた株 価上昇余地は大きい」との見解を示したことが支援材料となったもよう。

伊藤園(2593):もみあう。終値は0.8%安の4750円。取引終了後に2004 年4月期決算を公表する予定だったため、市場は数字待ちの状態だった。注目さ れていたのは2005年4月期の業績予想の数値で、「2ケタの増益率予想が示さ れればポジティブサプライズになるが、1ケタ台の増益率なら目先材料出尽くし で売られる可能性が高い」との声が出ていた。

電通(4324):終値は3.3%高の28万2000円で3営業日続伸。一時4%超 上昇した。同社が7日発表した5月の単体売上高は前年同月比6%増と堅調で、 6月以降もアテネ五輪効果でプラス基調が続くとみられているほか、バリエーシ ョン面でも歴史的に割安な水準にあるとして買いが入ったもようだ。

菱洋エレクトロ(8068):一時は4%高の1580円まで上昇し、連日で年初 来高値を更新。財務省が同日公表した株式大量保有報告書概要によると、米投資 ファンドのスティール・パートナーズ・ジャパンが5月28日付で、菱洋エレ株 を5.01%保有していることが分かり、これを好感した買いが先行した。その後 は値を下げ、終値は2.0%安の1489円となった。

アルデプロ(8925):11%高の52万円とストップ高買い気配のまま引けた。 宅地建物取引業者免許の取消処分を受けて、営業活動を約1カ月半停止していた にもかかわらず、今7月通期の業績予想を上方修正したことが好感されたようだ。 主力の中古マンション物件の受注が好調だったとしている。

アンジェスMG(4563):1.7%高の73万円と4営業日ぶりに反発。国内の ヘルスケアベンチャーと提携し、傷口の治りを速くする新しいタイプの創傷被覆 材を開発する方針が明らかになり、将来的な収益寄与が期待された。

松下電工インフォメーションシステムズ(4283):終値は6.6%安の1万 600円で続落。04年5月中間期の連結経常利益が前期比17%増の16億円強と会 社予想を下回る見通しになったとの新聞報道を受けて、このところ上昇を続けて きた株価を見直す動きが広がり、売りが先行したようだ。株価はこの日、一時

8.8%安の1万350円まで下落した。

シーシーエス(6669):ジャスダック市場に新規上場。初値のみの取引とな るダッチ方式。初値は130万円と公募価格(32万円)の4.1倍超となった。公 募株式数は2000株、売り出し株数は1350株。主幹事は大和証券SMBC。昨年 9月19日以来、初値が公募価格を上回ったのは、102銘柄連続となった。同社 は発光ダイオード(LED)を利用した工業用照明装置の開発・製造を行う。

丸石ホールディングス(7307):東京証券取引所2部に上場。初値は11円 と前身の丸石自転車の取引最終日となった5月24日の終値比7円安で成立した。 丸石自動車については、架空増資疑惑の報道などで、東証は投資家に注意喚起す るため、上場初日から監理ポストに割り当てた。株価終値は10円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE