山口組系資金洗浄事件:クレディ・スイスが捜査協力を表明

スイスの銀行2位、クレディ・スイス・グル ープは4日、日本の暴力団系ヤミ金融グループによるマネーロンダリング(資金 洗浄)事件で、捜査当局に協力していると表明した。

チューリヒ検察のアイボ・ホプラー検察官は電話インタビューで、昨年11 月に日本当局からの法的支援要請の一環として、複数口座の預金、6000万スイス フラン(約53億円)を凍結したことを明らかにした。

クレディ・スイスの広報担当者、マーティン・ソモギイ氏は、「当社はこれ に関与しており、最初の時点からスイスと香港、日本の関係当局に100%協力し てきた」と述べたが、これ以上のコメントは避けた。

アソシエーテッド・プレス(AP)によると、日本の捜査当局は3日、山口 組系組織の事務所を家宅捜査し、資金洗浄の容疑で6人を逮捕した。6人は、ヤ ミ金融で手に入れた46億円で割引債を購入し、日本の証券会社を通して現金化 した容疑が持たれているという。

ホプラー検察官によると、チューリヒ検察当局は昨年、独自の捜査を開始し た。また、この独自捜査とは別に、チューリヒ検察は日本からの法的支援要請に 基づいて捜査を2カ月にわたって進めてきたが、この日までに完了し、日本当局 に書類を送付したという。同検察官は、書類の特定は避けた。

同検察官は、「関与した複数の銀行は、非常に迅速に対応し、責任ある姿勢 をみせた」と述べた。

原題:Credit Suisse Says It's Cooperating in Japan Laundering Probe (抜 粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE