香港株(終了):上昇、キャセイ航空高い-OPEC増産を好感

香港株式相場は上昇。キャセイ航空が高 い。石油輸出国機構(OPEC)の原油増産の決定が燃料価格の下落につな がるとの楽観的な見方が広がった。

その一方で、中国海洋石油(CNOOC)など石油会社は、原油増産が 収益に悪影響を与えるとの懸念から売られた。

ハンセン指数の終値は香港時間午後4時現在、前日比92.71ポイント (0.8%)高の12022.64。同指数を構成する33銘柄では、25銘柄が上昇、 6銘柄が下落、2銘柄が変わらず。週間ではハンセン指数は0.8%安と、3 週間ぶりの下落となった。

ハンセン指数先物(6月限)は前日比1.6%高の12049。中国本土企業 37社で構成されるハンセン中国企業株(H株)指数は0.2%安の4087.86。 売買代金は89億香港ドル(約1270億円)と、3カ月間の1日平均の5分の 2に過ぎなかった。

売上高でアジア6位の航空会社、キャセイ航空(293 HK)は25セント (1.8%)高の14.25香港ドル。海洋油田で中国最大手CNOOC(883 HK) は2.5セント(0.8%)安の3.30香港ドルとなった。

ビールメーカーで中国4位のハルピンビール(哈爾浜ビール、249 HK) は40セント(6.7%)安の5.55香港ドル。同社をめぐる買収合戦で、英サブ ミラーが買収を断念したことが売り材料になった。

原題:Hong Kong Stocks Advance, Led by Cathay Pacific; CNOOC Drops (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE