三菱自動車タイ法人:事業拡大計画を変更せず-熊井社長

三菱自動車工業タイ現地法人の熊井久善社 長兼最高経営責任者(CEO)は3日、本社が人員削減や生産縮小、自動車リ コールを発表したものの、タイ法人は事業拡大計画を維持する、と述べた。

タイ法人は1月、約210億バーツ(約573億円)を投じて、年間生産台数 を約50%引き上げ18万台とする計画を発表した。熊井社長はこの日、この計 画に変更はないと述べたほか、人員削減の計画はないとし、むしろ雇用を拡大 する可能性があると語った。

同社長は、5月にタイ法人社長に指名されて以来、初の記者会見で、「日 本の本社は困難な時期を迎えている」と前置きしたうえで、「われわれはそう ではない。当社の事業は成長しており、レイオフは計画していない」と語った。

同社は、ことしのタイでの三菱自動車販売台数を4万1000台とみており、 前年実績の3万2000台から28%増加すると予想している。タイ自動車市場に おけるシェアを、前年の6.2%から、ことしは7.2%に拡大する計画という。熊 井社長は、工場は生産能力100%で稼動しており、輸出向け生産台数は約8万 2000台と、前年と変わらない見通しだ、と述べた。

原題:Mitsubishi Motors' Thai Unit Says Expansion Plans Unchanged (抜 粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE