国内石油製品:海外ガソリンに比べ割高感も-需給ひっ迫感の後退観測

原油価格の高騰を受けて、ガソリンをはじめ とした国内石油製品の業者間スポット価格は上昇傾向が続いている。ただシンガ ポール価格比では割高感が出始めているほか、定期修理中の製油所が稼働を再開 することから、これまでのスポット市場のひっ迫感や上昇圧力は後退する可能性 もある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。