吉野家:5月の既存店売上高は31%減、牛丼販売停止で客足戻らず

吉野家ディー・アンド・シー(D&C)は3日、5 月の既存店売上高が前年同月比で30.5%減になったと発表した。4月の32%減に続い ての大幅な落ち込み。米国産牛肉の輸入停止による牛丼販売取り止めの影響が響き、客 足の戻りは鈍く、売上高の減少に歯止めがかかっていない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。