コンテンツにスキップする

NTTドコモ:FOMA契約400万件を突破-「900i」がけん引役

携帯電話国内首位のNTTドコモは1日、第 3世代携帯電話(3G)「FOMA(フォーマ)」の契約数が400万件を突破し たと発表した。2月以降に順次投入している新型機種「900i」シリーズがF OMA契約数を増やしている。

FOMA契約数は発売から2年4カ月経った今年1月末に200万件に達し たばかりだった。これが「900i」シリーズ発売後のわずか4カ月間で倍増し たことになる。機能を拡充した「900i」は現在までに富士通製、NEC製、 松下系パナソニック・モバイルコミュニケーションズ製、シャープ製が出てお り、三菱電機製が最後の機種になる。

ドコモ契約者がFOMAを使う比率は増えているが、ドコモの既存顧客の 買い換えが中心で契約者数の純増数は伸び悩んでいる。4月までの月間の契約 者数の純増数は、業界2位のKDDIが7カ月連続で首位を堅持している。

ドコモの株価終値は、前日比2000円(1.0%)高の20万5000円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE