ドイツ証、米GSなど外資証券の総利益が過去最高-好相場が寄与(3)

ドイツ証券や米ゴールドマン・サックス(G S)証券など日本国内で事業展開する外資系証券21社は2003年度決算で、純利 益の合計が日本に進出して以来の最高額となったことが明らかになった。株式相 場の上昇を受けて、企業が新規株式の売り出しや、公募増資を相次いで行ったり、 企業間の合併が進展し、外資系証券各社が引き受け事業やアドバイザリー事業の 収益を拡大させたことが主因だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。