米JPモルガン:米株式引き受けでメリルリンチ上回る-年初来

米銀行2位のJPモルガン・チェースは、 米シティグループとともに、800億ドルに上る米国での株式発行・売り出し 総額に占める引き受け額シェアで証券最大手の米メリルリンチを上回る業績 を上げている。

業界全体の株式引き受け額に対するJPモルガンのシェアは今年に入り

8.4%となり、メリルリンチの6.8%を上回った。2001年の時点ではJPモ ルガンが4.6%、メリルリンチが13.1%だったが、それ以来JPモルガンの シェアは毎年上昇している。ブルームバーグのデータによると、メリルリン チの株式発行引き受けは3年連続で減少している。

JPモルガンが株式発行・売り出しを引き受けた企業は、時価総額で世 界最大の企業である米ゼネラル・エレクトリックや経営・情報技術(IT) コンサルタントのアクセンチュア、製鉄の米USスチールなど。JPモルガ ンはこうした企業に融資しており、競合企業より安価な引受手数料を提示し ている。5年前は、JPモルガンと合併したチェース・マンハッタンなどの 商業銀行は株式引き受けを原則として禁止されていた。

シェアトップはモルガン・スタンレーで、次いでゴールドマン・サックス、 シティグループ、JPモルガンの順で、JPモルガンが上位4位に入ったの は初めて。

JPモルガンのウイリアム・ハリソン会長兼最高経営責任者(CEO) はインタビューで、「われわれは顧客との関係がより円滑になるよう資本を 使いたいと考えている。わわわれのビジネスモデルは、いずれは市場シェア を高めることにつながる」と述べた。

JPモルガンの投資銀行部門で南北アメリカの責任者を務めているのは スティーブ・ブラック氏。ブルームバーグのデータによれば、彼の下で、J Pモルガンは今年48億5000万ドル(約5320億円)相当の株式発行・売り 出しを引き受け、手数料収入およそ1億5900万ドルを稼いでいる。これに 対しメリルリンチは、39億ドルの引き受けに対し手数料収入は1億7700億 ドル。JPモルガンの引き受け手数料はメリルリンチに比べ平均1.26ポイ ント低くなっている。

原題:J.P. Morgan Eclipses Merrill in U.S. Stock Sales for First Time (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE