5月新車販売台数は11%減-三菱自はリコール問題響き56%減(2)

日本自動車販売協会連合会(自販連)が1日 発表した5月の新車(軽自動車を除く)販売台数は、前年同月比11%減の26万 390台で、4カ月連続の前年割れとなった。大手各社が減少となるなかで、三菱 自動車工業が三菱ふそうトラック・バスのリコール(無償回収・修理)の影響で 56%減の4213台へに落ち込んだのが目立った。三菱自は6カ月連続の減少。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。