コンテンツにスキップする

昭和シェル石油:四日市製油所の原油処理能力を13%削減-需給調整

昭和シェル石油は31日、グループ会社であ る昭和四日市石油の原油処理能力を日量3万バレル(12.5%)削減し、同21万 バレルにすると発表した。出光興産への緊急製品供給が3月末で終了したうえに、 中間留分・C重油の需給が緩んでいることなどから、能力を削減することが適切 と判断した。今後需要が拡大した場合には、再び引き上げることができるという。

昭和シェル石油の株価終値は前週末比8円(0.9%)高の933円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE