コンテンツにスキップする

ブラヒミ事務総長特別顧問:アラウィ氏のイラク首相選出を承認

国連のブラヒミ事務総長特別顧問は28日、 イラク統治評議会が同評議会メンバーのイヤド・アラウィ氏(イスラム教シー ア派)を暫定政府の首相に選出したことを承認した。国連のフレッド・エッカ ード報道官が明らかにした。

同報道官は、ニューヨークの国連本部で記者団に対し、「ブラヒミ特別顧 問は、統治評議会の決定を尊重し、アラウィ氏と協力していくつもりだ」と述 べた。さらに、「特別顧問は、アラウィ氏と協議しながら、暫定政府閣僚の人 選にあたっていくと述べている」と付け加えた。

米英率いる連合軍は6月30日にイラクに主権を移譲する。これによって ‘イラク暫定政府が誕生、来年1月末までに実施が見込まれる選挙にかけて、 主権を引き継ぐことになっている。

これより先、イラク統治評議会のハミド・アルキファル報道官は、同評議 会の全会一致でアラウィ氏が首相に選出されたと述べていた。国連のブラヒミ 事務総長特別顧問は、暫定政府の首相および大統領、副大統領、閣僚26人の人 選にあたるため、イラク入りしている。

神経学者の横顔を持つアラウィ氏は年齢60代。70年まではフセイン大統 領率いるバース党の幹部を務めたが、1970年代に亡命。現在は、亡命者らが結 成したイラク国民合意(INA)の書記長を務める。

原題: Brahimi Accepts Allawi as Next Prime Minister of Iraq, UN Says (抜粋)

--ロンドン Alex Morales Editor: Hughey

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE