コンテンツにスキップする

CSFBと仏ソシエテ・ジェネラル、04年の原油価格見通し上方修正

クレディ・スイス・グループの証券部門で あるクレディ・スイス・ファースト・ボストン(CSFB)と仏銀のソシエテ・ ジェネラルは28日、中国からの強い需要と米国のガソリン不足懸念、中東から の出荷の乱れの可能性を理由に、2004年の原油価格見通しを上方修正した。

CSFBは、ニューヨーク市場の原油先物の2004年予想平均価格を1バレ ル=33.31ドルと、従来の同31.06ドルから7.2%上方修正した。ソシエテ・ジ ェネラルは北海ブレント原油先物の予想平均価格を1バレル=33.07ドルと従 来の29ドルから引き上げた。

CSFBのアナリスト、プラシャント・ゴカール氏とエドウィン・パン氏 はリポートで、ニューヨーク市場の原油価格が「年内に1バレル=30ドルを下 回る根本的な理由がほとんどない」と書いている。

ニューヨーク市場の原油先物相場は24日に過去最高の1バレル=41.72ド ルで終了した。過去1年では37%上昇している。

両氏は、価格上昇の背景には米国のガソリン在庫が夏のドライブシーズン を控えて不十分であることや中国からの需要増、イラクとサウジアラビアの石 油施設への攻撃があると指摘している。

原題:Credit Suisse, SocGen Raise 2004 Oil Price Forecasts (Update1)(抜 粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE