コンテンツにスキップする

S&P:ソフトバンク格付け「BB-」引き下げで見直し-財務悪化懸念

米系格付け会社のスタンダード・アンド・ プアーズ(S&P)は28日、ソフトバンクの長期格付け「BB-」を引き下げ 方向で見直すと発表した。日本テレコム買収の発表を受け、財務内容の悪化が 懸念されるという。格下げとなる場合は、1段階下の「B+」となる可能性が 高いとしている。

ソフトバンクは27日、リップルウッド・ホールディングス傘下の日本テレ コムを約3400億円で買収すると発表した。同社は11月にも、日本テレコムの普 通株式を1433億円、優先株を325億円で取得する予定。普通株は現金で買い取る 方針。また、日本テレコムの純有利子負債1640億円も引き継ぐ。

S&Pは、買収費用の一部として現金が支払われることや、買収効果を実 現させるために追加的な財務負担が発生する可能性があることから、ソフトバ ンクのぜい弱なキャッシュフロー創出力が、さらに弱まることを懸念している。

また、日本テレコムの有利子負債が連結化されることから、ソフトバンク の資本総額に対する純有利子負債比率は2004年3月末の約30%から大幅に悪化 するおそれがあるという。

ソフトバンクの現在の格付け「BB-」は、12段階ある「投機的等級」の うち3番目に高い格付け。ソフトバンクの株価は午前終値で、前日比80円 (1.9%)高の4240円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE