コンテンツにスキップする

米フロリダ州:大手石油企業8社に文書提出請求、燃料高騰で

米エクソン・モービルや英BPなど、石 油大手8社は26日、米フロリダ州司法省のチャーリー・クリスト長官から、 高騰する燃料価格に関する文書提出を請求された。

クリスト長官は、電話インタビューで、製油所が小売価格を押し上げる ための操作を行ったかどうか判断するために必要な情報を求めている、と話 した。同氏は、「問題は供給の操作があったかどうかだ」と指摘。石油会社 は価格高騰の理由に需給ひっ迫問題を挙げているが、1970年代のように、ガ ソリンスタンドでの供給不足や行列ができる事態には至っていない、と述べ た。

業界団体AAAによると、フロリダのガソリン平均価格は前日、1ガロ ン当たり2.031ドルと、過去最高に達した。これは前年同期を39%上回る。 全国の平均価格も2.054ドルと、過去最高だった。

フロリダ州に加え、ミシガン州やカリフォルニア州も燃料高騰の調査に 乗り出しているほか、複数の州当局者は、米司法省に調査を要請した。

エクソン、BPのほか、今回フロリダ州当局から文書提出請求を受けた のは、シェブロンテキサコ、コノコフィリップス、マラソン・アシュラン ド・ペトロリアム、アメラダ・ヘスなど米石油4社と、ベネズエラ国営石油 会社の米子会社、シトゴ・ペトロリアム、サウジアラビアの石油会社と英・ オランダ系のロイヤル・ダッチ・シェル・グループの合弁会社、モティバ・ エンタープライゼズ。

原題:Exxon, BP, Conoco Subpoenaed Over Florida Fuel Prices (Update4) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE