コンテンツにスキップする

訂正:ボーダフォンHD:前期純損失は1000億円-今期1100億円黒字

英ボーダフォン傘下のボーダフォンホール ディングスは25日、2004年3月期の連結純損益が1000億円の赤字になったと 発表した。固定電話部門の日本テレコムを米投資会社リップルウッド・ホールデ ィングスに売却したことに伴う売却損を特別損失に計上したことが影響した。

売上高は、03年11月に日本テレコムを売却し、連結対象から外したため、 前期比7.9%減の1兆6557億円となった。しかしこの中で、事業別でみると、 移動体通信事業の売上高は、携帯電話の契約数の増加から1兆5088億円、前期 比3.3%増と伸びた。ただARPU(加入者1人当たり月間平均収入)は6730円 で前期比7.3%減少した。これは、新料金プランや高ARPU顧客の解約が影響 したため。

営業利益は同33%減の1850億円、経常利益は同33%減の1812億円だった。 減収のほか、携帯電話の顧客獲得のための営業マーケティング費用が膨らんだこ とや減価償却費が増加したことが響いた。

2005年3月期の連結業績予想は、純損益が1100億円の黒字となる見通し。 また売上高が前期比7.5%減の1兆5310億円、経常利益は同30%減の1270億円 を見込む。

減収、大幅減益見通しとなったのは、04年3月期連結決算で、傘下にあっ た日本テレコムの上期の業績が含まれているのに対し、日本テレコムの売却によ って05年3月期では、売上高、経常利益が大幅に減少するため。

日本テレコムなどの固定通信事業を除外した移動体通信事業で比較した場合 は、売上高は前期よりやや増加する見通しとしている。

ボーダフォンの株価終値は前日比3000円(1.2%)高の24万4000円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE