コンテンツにスキップする

TSMCなど半導体受託生産会社:ことしは41%増収に-米ガートナー

米市場調査会社ガートナーは25日、台湾 積体電路製造(TSMC)などの半導体ファウンドリー(受託生産会社)のこ としの売上高は41%増、2005年は37%増になるとの見通しを明らかにした。

ガートナーのアナリスト、ジェームズ・ハインズ氏はシンガポールで、家 電や携帯電話端末、パソコンなどの半導体の販売がファウンドリー各社の売上 高をけん引すると述べた。TSMCなどが製造能力を必要以上に拡張すること を避けているため、ことしの半導体価格は平均で約10%上昇するとみている。

ハインズ氏は、「需要は継続的に伸びており、マクロ経済状況や家電需要 などから向こう2、3年はこうした伸びが続くとみている」とも語った。一方 で同氏は、半導体ファウンドリー市場は生産能力が伸びず受託価格の安定が続 くと指摘し、2006年には4%縮小する可能性があるとしている。

原題:Taiwan Semiconductor, Made-to-Order Chipmakers to Boost Sales

(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE