コンテンツにスキップする

新日石株が大幅反発、今期純利益は760億円-大幅増益見通しを好感

新日本石油の株価が大幅反発し、前日比40 円(6.9%)高の619円。前日発表した決算によると、物流費用の削減をはじめ とした合理化、石油在庫の評価損縮小などを受けて2005年3月期の連結純利益 は760億円の黒字転換を見込む。中期経営計画を達成する確率が高まったとみら れることも、株価の上昇につながったとみられる。

05年3月期の1株当たり利益(EPS)予想は50.11円。ブルームバー グ・データによるとアナリスト予想の平均は29.17円が見込まれていた。

みずほ証券の角田樹哉アナリストは新日本石油の株価が急上昇していること について、決算内容は「ほぼ想定通りでサプライズはない」としながらも、「中 期経営計画の目標値(04年度に連結経常利益1300億円)を達成する確度が高ま っていることが、再評価されているようだ」とみていた。

新日本石油が20日発表した05年3月期の連結売上高は前期比2.1%減の4 兆1900億円、経常利益は2.2倍の1250億円。

同社の計算によると、在庫評価の影響を除いた今期の連結経常利益予想は 1300億円。西尾副社長は、経営指標として、在庫評価控除後の数値を重視して いることを強調。在庫影響を除いた数値が目標値をクリアーできれば「中計計画 を達成したと理解している」との考えを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE