コンテンツにスキップする

米TXU:キャップ・ジェミニ、CSFBと合弁へ-株価急騰

米エネルギー会社TXUは欧州最大のコ ンピューター・サービス会社、フランスのキャップ・ジェミニと料金請求を手 掛ける合弁事業を、またクレディ・スイス・グループの証券部門、クレディ・ スイス・ファースト・ボストン(CSFB)とエネルギー取引を手掛ける合弁 事業をそれぞれ立ち上げる計画だ。TXUはこれによりコストを削減し、電力 販売での競争力拡充を図る。この発表を受け、同社株は18日、9.8%高と急騰 した。

C・ジョン・ワイルダー最高経営責任者(CEO)はテキサス州ダラス近 郊で開催されたアナリスト会議で、TXUは競合企業に顧客を奪われることが ないように電力価格を低位に抑制する必要があり、そのためにコスト削減が不 可欠だと指摘した。同CEOがことし2月に就任して以来、株価は53%上昇し ている。今回、両社と合弁事業を設立することにより、消費者サービス関連費 用の削減とエネルギー取引契約に伴う担保請求も緩やかになることが見込まれ る。

この日のニューヨーク株式市場で3.40ドル高の38.0ドルで終了。同社株 は2002年には10.10ドルまで下落していた。

TXUはキャップ・ジェミニとの合弁事業に従業員2700人を出向させる が、出資比率は3%未満にとどめる。10年契約で35億ドル(約4000億円)規 模の同事業は、7月1日にスタートする。一方、CSFBとの合弁は折半出資 で、信用格付けはTXUを最低でも4段階上回ると見込んでいる。TXUの発 表によると、CSFBとの合弁事業でTXUが請け負う金銭面での損失リスク は2億5000万ドルに限定されるという。

ワイルダーCEOは昨年末時点140億ドルあった債務を年内に66億ドル まで削減する計画。同社は先月、豪州部門の事業を現金と債務引き受けの総額 37億2000万ドルで売却することで合意している。

原題:TXU to Form Ventures With Cap Gemini, Credit Suisse (Update7) (抜粋)

--共同取材 ニューヨーク Bradley Keoun. Editors: Farr, King, Cox.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE