コンテンツにスキップする

サウジ・アラムコ:必要になれば産油能力20%引き上げ可能-広報担当

世界最大の原油輸出国サウジアラビアの国 営石油会社サウジ・アラムコは17日、需要増加に対応するために「必要になれ ば」、持続可能な産油能力を20%引き上げる可能性がある。同社の広報担当者 が、匿名を条件に明らかにした。

同社の広報担当者は、電子メールによるインタビューで、サウジ産原油へ の需要次第では、現在日量1000万バレルの同社産油能力を、1200万バレルに 引き上げることは可能だ、と語った。ただ、産油能力引き上げに要する期間に ついては言及しなかった。

国際エネルギー機関(IEA)は先週、経済成長のペース加速と中国での 消費急増を背景に、ことしの世界石油需要は1988年以来最大の増加率を記録す る、との見通しを示した。IEAによると、ガソリンやディーゼル油などの燃 料消費量は、日量195万バレル増加し8060万バレルに到達する見通し。増加幅 は、4月予想から27万バレル上方修正された。

サウジ・アラムコのウェブサイトに掲載された2003年年次報告書によると、 同社の2003年の産油量は日量810万バレルで、前年の同680万バレルから 19%増加した。ブルームバーグ・ニュースの推計では、4月の産油量は日量 835万バレル。

原題: Saudi Says It May Boost Oil Capacity by 20% to Meet Demand (抜 粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE