コンテンツにスキップする

米ダウ・ケミ傘下部門、モンサントに対する特許権侵害訴訟を取り下げ

米化学最大手のダウ・ケミカル傘下のダ ウ・アグロサイエンシズは13日、植物を害虫被害から守る遺伝子技術を侵害 したとして、遺伝子組み換え穀物最大手の米モンサントを相手取って1995年 に起こしていた訴訟を取り下げた。

米国特許商標局(USPTO)がことし2月に、争点となっていた技術に 最初に投資したのはモンサントとの判断を下したことを受けて、今回の訴訟取 り下げ合意となった。ダウは、USPTOの判断について連邦地裁に提訴中。

この日の米株式市場でモンサント株は98セント高の33.02ドル、ダウ・ ケミ株は35セント高の37.65ドルで終了。

原題:Dow Drops Insect-Protection Suit Against Monsanto (Update3) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE