コンテンツにスキップする

米フロリダ州最高裁:たばこ健康被害訴訟の控訴審判決を審査へ

たばこの健康被害をめぐる米フロリダ州の 訴訟で、同州最高裁は12日、複数の米たばこメーカーに計1450億ドル(約16兆 4000億円)の懲罰的賠償金支払いを命じた控訴審の判決を審査する決定を明ら かにした。発表を受けてアルトリア・グループやR.J.レイノルズ・タバコの 株価は大幅に下落した。

同州最高裁が審査するのは、集団訴訟としての扱いは不適切であり、懲罰 的賠償金の規模は行き過ぎだとして2000年の下級審判決を退けた控訴審判決。 口頭弁論は10月6日に行われる。

喫煙者による集団訴訟は、喫煙者の喫煙習慣に個人差があることから、こ れまで不利な判断を下されることが多かっただけに、投資家は最高裁の決定を 意外感を持って受け止めた。一方、専門家の間には、最高裁は結局、集団訴訟 としての扱いを認めず、控訴審判決を支持する可能性が高いの見方も多い。

被告に挙げられているアルトリアの副法律顧問ウィリアム・オールマイヤ ー氏は、フロリダ州最高裁の審査結果が好意的なものになることを期待してい ると言明。R.J.レイノルズのマネジャー、エレン・マシューズ氏は「この訴 訟は、控訴裁が下した判決のように棄却されるべきだ」との考えを示した。英 ブリティッシュ・アメリカン・タバコ傘下のブラウン・ウィリアムソン・タバ コや米ロウズ傘下ロリラード・タバコはコメントを求める電話取材に回答して いない。

アルトリアの12日の株価終値は3.60ドル(6.7%)安の49.80ドル。

原題:Court to Review $145 Bln Altria, Reynolds Verdict (Update3)

--共同取材: Andrew Dunn

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE