コンテンツにスキップする

住友化:英蘭系シェルとのシンガポール石化合弁を延期-ロイター

住友化学工業は、英蘭系メジャー (国際石油資本)のロイヤル・ダッチ・シェル・グループとシンガポール に最大10億ドル(約1132億円)規模のエチレン・プラントを建設するプ ロジェクトを、延期する方針を固めた。ロイター通信が11日、住友化学 関係者の情報を基に報じた。

住友化学は9日、サウジアラビアの国営石油会社「サウジアラムコ」 と共同で、サウジアラビアの紅海沿岸ラービグ地区に石油精製・石油化学 プラントを建設することで基本合意した。ロイターの報道によると、住友 化学は、コストの低いサウジとのプロジェクトを優先するという。

これによると、住友化学の米倉弘昌社長は、シェルとシンガポール政 府に対し、プロジェクト延期の意向を伝えた。

シェルの広報担当者、リサ・ジベール氏は、住友化学から中東プロジ ェクトについて通知を受けている、と述べた。

住友化株の11日終値は、前日比19円(3.8%)安の487円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE