コンテンツにスキップする

米上院銀行委:顧客企業株式の投信組み入れでSECに調査要請へ

米上院の銀行住宅都市委員会は証券取 引委員会(SEC)に対し、3年に及んだ株式相場の低迷期に、シティグル ープやメリルリンチなどの米金融機関が顧客企業の株式を投資信託に組み入 れたかどうかを調査するよう要請する方針だ。銀行委のリチャード・シェル ビー委員長(共和、アラバマ州)の報道官、アンドリュー・グレイ氏が11 日までに明らかにした。

グレイ氏は、「明らかに、投信改革の重要な問題の1つは、投資家に損 害を与えるような利益相反をなくすことだ。われわれはSECこそがこの問 題に対し対処すべきと考えている」と述べた。

グレイ氏によれば、ブルームバーグ・ニュースが4月29日に報じた投 資銀行の投信の持ち分の最大30%が投資銀行の顧客企業の株式であるとの ニュースについてシェルビー委員長は「深く懸念」しているという。

投資銀行の投信は、株式引き受けを行った一部の顧客企業の株式を保有 しており、こうした株式は株式相場の低迷期に大きく下落していた。

グレイ氏は、シェルビー委員長がドナルドソンSEC委員長に対し、恐 らく書面でこの問題について早急に協議する予定だと述べた。

銀行委とSECは不適切な取引や不十分な手数料情報開示などの投信に 絡む不正について調査している。銀行委は投信取引の実態について公聴会を 10回開催しており、SECに対応策をとるよう求めている。SECのジョ ン・ハイネ報道官は、シェルビー委員長の調査要請についてコメントするこ とはないと述べている。

原題:Senate Committee Asks SEC to Probe Bank Mutual Fund `Conflicts' (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE