コンテンツにスキップする

「カローラ」が首位、3カ月連続-4月新車販売

日本自動車販売協会連合会が11日発表した 4月の国内新車販売ランキング(軽自動車を除く)によると、トヨタ自動車の 「カローラ」がトップとなった。3カ月連続で首位を維持した。2位は昨年12月 に全面改良したトヨタの「クラウン」で前月の6位から大幅に上昇し、販売台数 も前年同月比でほぼ3倍増を記録するなどの健闘ぶりを見せた。

3位はホンダの「フィット」だが、台数は30%減。昨年10月に全面改良した ホンダの「オデッセイ」は6位。上位10車種をメーカー別で見ると、トヨタは5 車種、ホンダ3車種、日産自動車2車種となった。

      【4月の登録車販売台数】
〔順位、車名、社名、台数、前年同月比(%)の順〕

今月 前月
1.  1.「カローラ」      (トヨタ)      11300台(- 17.2)
2.  6.「クラウン」      (トヨタ)      10759台(+185.5)
3.  4.「フィット」     (ホンダ)       8957台(- 29.6)
4.  3.「ウイッシュ」    (トヨタ)       7817台(- 46.3)
5.  2.「キューブ」      (日産自)       7548台(+  0.6)
6.  7.「オデッセイ」    (ホンダ)       6399台(+330.6)
7.  5.「マーチ」       (日産自)       5687台(- 17.3)
8.  8.「イスト」       (トヨタ)       5682台(- 17.9)
9.  -- 「アルファード」   (トヨタ)        5372台(- 18.2)
10.  --  「モビリオ」       (ホンダ)        5254台(+ 53・8)

--は前月11位以下。
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE