コンテンツにスキップする

トヨタ:1-3月期純利益67%増、前3月期は初の1兆円超-予想

ブルームバーグ・ニュースはアナリスト7 人を対象にトヨタ自動車の連結業績予想調査を実施し、まとめた。それによると、 2004年3月期の業績予想から03年4-12月期実績を差し引いた第4四半期(04 年1-3月期)の純利益見通しの中央値は、前年同期比67%増の2440億円とな った。国内市場で新型「クラウン」の売れ行きが好調なほか、「北米で利幅の大 きい(ミニバン、SUV、ピックアップトラックの)ライトトラックの販売が増 える」(日興シティグループ証券の松島憲之マネージング・ディレクター)こと が寄与する。

04年1-3月期営業利益は過去最高を更新

第4四半期の連結売上高は同14%増の4兆3900億円と四半期ベースでは過 去最高を予想する。国内市場では昨年12月に全面改良したクラウンのほか、新 車の小型ミニバンの「シエンタ」も好調。北米では「シエナ」「RX330」などラ イトトラックの販売が拡大した。円高による減益要因が「全体で700億円ある」 (松島氏)ものの、企業年金の代行返上益800億円を計上し、営業利益は同 91%増の4310億円と四半期として過去最高を更新しそうだ。

前3月期純利益は1兆円の大台を突破

04年3月期通期の連結業績予想の中央値は純利益が前期比42%増の1兆 630億と日本企業として初めて1兆円の大台を突破する。売上高は同9%増の16 兆8900億円。国内市場の通期の販売台数は会社計画の173万台には届かなかっ たが、前期比0.6%増の171万台と微増を確保。モデル末期となった「ヴィッ ツ」、 「カローラ」、「マークⅡ」、「エスティマ」の落ち込みをクラウン、 シエンタなどで補った。

一方、米国市場は「9.5%増の192万台と過去最高を更新」(遠藤功治・ク レディスイスファーストボストン証券株式調査部ディレクター)。ライトトラッ クのほか、ガソリン価格の高騰を受け「カローラ」や「プリウス」などの小型車 も好調だった。欧州(西欧)も同13%増の71万台と増えた。円高は通期で 「1650億円の減益要因になる」(みずほインベスターズ証券の河合敦アナリス ト)が、欧米販売の拡大、コスト削減で吸収し営業利益は同26%増の1兆6000 億円と過去最高を更新する。

今期連結純利益は2.8%減の1兆330億円

05年3月期の連結純利益は前期のアナリスト予想中央値比2.8%減の1兆 330億円。売上高は同3.6%増の17兆5000億円、営業利益は同1.3%減の1兆 5800億円を予想する。

国内では7月にクラウンの上級車種の「マジェスタ」に続き、2005年1月 にはヴィッツも全面改良し、「国内販売は173万台を見込む」(遠藤氏)。北米 市場は若者向けの「サイオン」ブランドが本格的に寄与し200万台の大台を超え る見通し。円高は「通期では2200億円の減益要因となる」(河合氏)と言い、 営業、純利益とも小幅の減少となる。

トヨタは5月11日に04年3月期の決算を発表する。

【トヨタの収益、アナリスト予想一覧】 (単位:億円、上段04年1-3月期、中段04年3月期、下段05年3月期、カッ コ内は前期比%。04年1-3月期は通期の業績見通しから2003年4-12月期の 実績を差し引いた数字。05年3月期の比率は04年3月期のアナリスト予想と比 較、▲はマイナス)

 連結売上高    営業利益     経常利益       純利益      ドル円 ユーロ円
--------------------------------------------------------------------
アナリスト中央値
43900(14.3%)4310(91.2%)  4430(109.0%) 2440(67.4%)   107.25  133.97
168900(9%)   16000  (26%)  16800  (37%) 10630(42%)    112.5   131.5
175000(3.6%)  15800 (▲1.3%)16400(▲2.4%)10330(▲2.8%) 105     130
--------------------------------------------------------------------

                     【アナリスト別予想値】
(単位:億円、上段04年3月期、下段05年3月期。為替は左がドル円、右
がユーロ円)
--------------------------------------------------------------------
遠藤功治・クレディスイスファーストボストン証券株式調査部ディレクター
170000          16000           16150          10050      110円  130円
175000          16300           16600          10300      105円  125円
--------------------------------------------------------------------
川原英司・JPモルガン証券アナリスト
167387          16100           16848          11090      112円  130円
181780          16400           16848          11550      105円   130円
--------------------------------------------------------------------
河合敦・みずほインベスターズ証券アナリスト
167500          15400           16100          10550      113円  131円
171000          14900           15500          10300      105円  125円
--------------------------------------------------------------------
松島憲之・日興シティグループ証券マネージング・ディレクター
168100          16000           17000          11000       --円     --円
177000          16500           17500          11300      110円  130円
--------------------------------------------------------------------
持丸強志・大和総研シニアアナリスト
168900          15700           16300          10630  113.1円 132.7円
172780          15800           16400          10800    105円  130円
--------------------------------------------------------------------
クライブ・ウィギンズ・リーマン・ブラザーズ証券アナリスト
172407          16378           17615          9665       108円  134円
175451          14303           15287          8411       105円  128円
--------------------------------------------------------------------
吉田達生・ドイツ証券アナリスト      

170000          16500           17340          11350      113円  132円
170000         15500           16050          10330     105円  130円
--------------------------------------------------------------------

トヨタの10日の株価は前週末比20円(0.5%)高の3880円(9時16分現在)。

--共同取材:井上加恵、Editor: Hinoki

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE