コンテンツにスキップする

HSBCとパリバ:ドル相場予想を上方修正、米雇用者数の大幅増加で

欧州の銀行大手、HSBCと仏BNPパリ バは7日、いずれもドル相場予想を上方修正したことを明らかにした。4月の 米雇用統計の発表で、非農業部門雇用者数の大幅な増加が示され、連邦準備制 度が6月にも政策金利を引き上げるとの観測が高まったことを踏まえての判断 という。

パリバ(ロンドン)の通貨ストラテジスト、イアン・スタナード氏は、 「連邦準備制度が雇用市場に注目していることは周知の事実だ。強い数字が発 表されることで、利上げ期待が高まった。これがドルを支える要因となってい る」と述べた。

スタナード氏によると、パリバは、6月までのドルの対ユーロ相場予想を 1ユーロ=1.21ドルとし、従来予想の同1.25ドルからドル高方向に修正した。 9月までの予想は同1.17ドルで、従来予想の同1.28ドルに比べ、上方修正し た。

一方、年末までの予想としては、パリバは依然、1ユーロ=1.28ドルへの ドル安とみているが、従来予想の同1.35ドルに比べ、ドルの下げは限定的だと みている。米国は経常赤字を穴埋めするために、1日当たり15億ドルの資本を 呼び込む必要があるが、これが容易に進まないため、ドル需要が後退する見通 しという。

HSBC(ロンドン)の通貨戦略責任者、マーク・オースティン氏は、同 社は来週、ドル相場予想の上方修正を公表する予定だと述べた。4月雇用統計 発表前の段階では、年末までに1ユーロ=1.35ドルまでドル安が進むと予想 していた。

オースティン氏は、ユーロは恐らく、1ユーロ=1.15ドルで下げ止まる だろう、と述べた。

原題:HSBC, BNP Paribas Raise Dollar Forecasts After U.S. Jobs Report (抜粋)

--共同取材 ロンドン Christopher Anstey , Richard Blackden Editor: Dickson.

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE