コンテンツにスキップする

米クリスピー・クリーム:利益見通し下方修正-ダイエット・ブームで

ドーナツ小売りチェーン米2位のクリスピ ー・クリーム・ドーナツは7日、今会計年度(2004年2月-2005年1月)の利 益見通しを約10%下方修正した。炭水化物を抑えたダイエット食品ブームのあ おりで、ドーナツの需要が冷え込んでいるためという。

発表文によると同社は、継続事業ベースの1株当たり利益が93セント-95 セントのレンジになると予想。同ベースでの第1四半期(2-4月)1株当たり 利益は、約16セントの見通しという。マイケル・ファレン最高財務責任者(C FO)は、投資家向け電話会見で、「消費者の低炭水化物食品志向は、年内続き そうだ」と指摘した。

同社は、業績の振るわない傘下のモンタナ・ミルズ部門を手放し、同事業の 大半を閉鎖する計画という。これにより、2-4月期に税引き前で最大4000万 ドル(約44億円)の費用計上し、第2四半期(5-7月期)にはさらに200万 -400万ドルの税引き前費用を計上する可能性がある、とした。

これら項目を除いた場合、第1四半期の継続事業ベースの1株当たり利益は 23セントだった。調査会社トムソン・ファイナンシャルによるアナリスト予想 は、同ベースで1株当たり27セントだった。

7日の米国株式市場で、クリスピー・クリームの株価は急落。ニューヨーク 時間午前10時33分現在、前日比7ドル60セント安の24ドル20セント。一時 は23ドル50セントまで下げた。

原題: Krispy Kreme Lowers Annual Profit Forecast on Diets (Update1) (抜 粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE