コンテンツにスキップする

アルセロール:第1四半期は8%増益か、価格上昇で-アナリスト調査

鉄鋼世界最大手、ルクセンブルクのアルセ ロールが10日発表する第1四半期(1-3月)決算は、8%の増益となった 可能性がある。ブルームバーグ・ニュースがアナリスト8人を対象に行った予 想調査で明らかになった。1995年以来の高水準にある鉄鋼価格が、原材料費の 高騰による打撃を吸収したようだ。

同調査の予想中央値によると、1-3月期利益は2億800万ユーロ(約 280億円)と、前年同期の1億9200万ユーロから増加したもよう。同社は自動 車や製品向けの鋼板を1月に7%値上げし、4月には8%値上げした。

ただ、投資家の間では、中国の景気抑制策が取られるなか、同社の値上げ は今後難しくなるとの見方が浮上している。国際鉄鋼業界(IISI)による と、中国の鉄鋼需要はことし13%成長と、前年の25%成長から鈍化する可能 性がある。

M&Gグルー(ロンドン)で4億ドルの運用に携わるシーザー・ペレス氏 は「ここでの重要なポイントは値上げの持続性だ。大きな疑問の一つとして中 国が挙げられる」と指摘した。

原題:Arcelor Profit Seen Higher on Surging Steel Prices (Update1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE