コンテンツにスキップする

米アブネット:中国企業の支払い延期増加へ-政府の融資抑制策影響

電子部品販売で世界2位の米アブネット は、中国政府が景気拡大を抑えるため融資を抑制する方針を打ち出したこと を受け、中国で支払いを遅らせる顧客企業が増えると予想している。

アブネットのアジア太平洋部門のレイモンド・ツァン社長は、中国の一 部顧客企業が支払い期限の先送りを要請していると述べ、同社はリスクの拡 大に対応するため、こうした顧客に対して割り増し額を請求していることを 明らかにした。ツァン社長によれば、アブネットは今6月期(2003年7月- 2004年6月)のアジア地域での売上高目標を15億ドル(約1630億円)とし ており、そのうちの80%は中国と台湾での売上高となると見込んでいる。

香港でのインタビューでツァン社長は、「エレクトロニクス業界は中国政 府が先ごろ実施した融資規制の対象になっていないが、長期的には間接的な 影響があるだろう。すでにマネーサプライ(通貨供給量)やキャッシュフロ ー(現金収支)で引き締めが見られる」と語った。ツァン社長は、支払い期限 の延期を要請している顧客企業の具体名は挙げなかった。

原題:Avnet Says China's Credit Curb to Hurt Some Customers (Update1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE